第1話 ショッキングな出来事 2019/10/1

実は最近ショッキングな出来事がありました。何かというと、以前会社員時代に大変お世話になった会社のショールームが閉鎖されているのを見つけてしまったのです。

優秀な店長がいて、優秀な男性女性スタッフもいて、私がお世話になっていた頃は活気があってとても順調なショールームだったのです。本当に久しぶりにどうしてるかなと思って店舗を覘いてみたらなんと、中は暗く人けはなく、製図台やカタログ、商品サンプルが乱雑に置かれている状態でした。何があったんだろうと心配する一方、「やっぱり難しいのかな」と変に納得してしまったのです。

過去においても現在でも中小企業の悩みは、後継者問題、資金繰りの問題、販売不振の問題いろいろありますが、この会社にもこういった問題があったのかもしれません。

ただ、中小企業が運営するショールームが長続きしない理由はこういった問題とは別に、活用の仕方を知らなかったり間違っていることが挙げられます。

私はこういったショールームを数限りなく見てきました。最初はお金をかけて立派なショールームを作っても、いつの間にか入荷した商品の一時置き場になっていたり、カタログや資材置き場になっていたり・・・。世の中本当にもったいないショールームが多いのです。

中小企業がショールームを作っても成功しないと言われています。しかし正しく活用すればそんなことはありません、十分成功します。もし貴社に資金力がなければ簡易なショールームでもいいですし、さもなくば取引先のショールームを使えばいいのです。

今の時代、商品を顧客に見せて商談することはとても大切です。貴社もショールームを活用した営業で今以上に売上・利益をあげられます。

ショールーム営業、貴社もチャレンジしてみませんか!